佐原アカデミア

トップ > 団体について

団体について

団体概要

NPO法人佐原アカデミア(まちぐるみキャンパス)は、佐原の伝統・文化を地域力として研鑽し、これまで市民主体で育くんできた佐原のまちづくりの変遷を可視化することで、持続可能な地域づくりの一助を担いたいと願っています。また町中をキャンパスとして、大学や研究機関と連携して生きたまちづくりが体感できる場、学びの場、そして地域との交流の場として、様々な課題に取り組む人たちに学びの場を提供していきます。

さて佐原には、町衆のまちとして地域が培った伝統や文化が様々に具現化されています。関東初の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている歴史的町並みや、ユネスコ無形文化遺産に登録され重要無形民俗文化財に指定されている佐原の山車行事、「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」として日本遺産への登録など多くの地域資源があります。また町衆の代表であった伊能忠敬翁などの先人達が育んだ河港商業都市としての自治の仕組みが息づいており、それは今も佐原のまちづくりに継がれています。

佐原では多くの市民活動団体等が連携・協力しながらそれぞれの活動の中から課題に取組み、地域の誇りを醸成しつつ、その活動自体が観光資源としてまちづくり型観光に取り組んでいます。

これらの活動を展開する上で、これまでの先人たちのまちづくりへの取組みを共有することは、地域への熱き想いに共感し、地域の有する伝統・文化を理解し、更なるまちづくりの深化につながるものと期待いたします。
このような様々な活動を進めていくことで、今後、国内外の人たちとの集客・交流が推進され、佐原地域の活性化に貢献できるよう、文化イベントを展開しながら地域と連携して更なる地域資源の研鑽に取組みます。

特に近年は前述したように佐原の様々な資源が日本遺産に登録され、とりわけ「佐原の山車行事」はユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあり、一層伝統・文化を育むことで郷土愛やまちづくりの機運を醸成し持続可能な地域を目指していきます。

名称特定非営利活動法人 佐原アカデミア

代表大矢野修

メニュー

ページのトップへ戻る